WordPress3.7にバージョンアップしてみた

WordPress 3.7 「カウント ベイシー」がリリースされていたので早速バージョンアップ。なんの問題もなく更新終了、ダッシュボードにはこのような文面が。

wp3-7

確かに管理画面の見た目は以前と変わらないので、何の変化も感じません。私もそれでかまわないと思います(笑。

で、3.7は何が変わったかというと、一番の目玉はバックグラウンド更新とセキュリティ強化でしょうか。

自動的に更新を適用
WordPress 3.7 からは、メンテナンス & セキュリティアップグレードを適用する際にまったく何もする必要がなくなります。サイトは今後自動的にこういった変更をバックグラウンドで適用します (一部の環境ではご利用いただけない場合もあります) 。

3.7→3.7.1、3.7.2などのマイナーアップグレードは自動的に行なわれるそうです!

3.7→3.8などのメジャーアップグレードは今までどおりダッシュボードで更新が必要なようですが(指定で有効化も可能?)、それでもかなり楽になります。サイトを複数運営していると、細かいバージョンアップのたびバックアップとって更新するのは結構面倒でした・・・。

自動更新の有効化、無効化などについて

自動更新といっても、どうやら全てのファイルが更新されるわけでなく、wp-config.phpにていろいろ指定ができるようです。

  • デフォルトで自動更新設定されているもの
    コアのマイナーアップグレードとローカライズ
  • デフォルトでないもの(自動更新の設定が必要)
    コア(メジャーアップグレード)
    プラグイン、テーマ更新

無効化・有効化の設定は「wp-config.php」に記入。

コアの更新(微調整用のフィルタ)

■開発版(ナイトリービルド)の更新を明確に有効化

add_filter( 'allow_dev_auto_core_updates', '__return_true' );

■マイナーアップグレードの自動更新を明確に無効化

add_filter( 'allow_minor_auto_core_updates', '__return_false' );

■メジャーアップグレードの自動更新を明確に有効化

add_filter( 'allow_major_auto_core_updates', '__return_true' );

プラグイン&テーマ更新

プラグインとテーマの自動更新はデフォルトでは無効化されているので、有効化したい場合は以下を記入。

■プラグインの自動更新を有効化

add_filter( 'auto_update_plugin', '__return_true' );

■テーマの自動更新を有効化

add_filter( 'auto_update_theme', '__return_true' );

自動更新を無効にする

■すべてのコア関連ファイルの自動更新を無効化

add_filter( 'auto_update_core', '__return_false' );

■コアファイルを含むすべての自動更新を完全に無効化

define( 'AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED', true );

もしくは

add_filter( 'automatic_updater_disabled', '__return_true' );

運営しているサイトによっては、自動アップグレードしたくないファイルもあると思うので、こういう有効・無効の設定ができのはありがたいですね。
わがままを言えば、管理画面内の設定などで指定できたらもっと嬉しかったかも・・・。
でもここまでするとセキュリティ面が危ないかな?

セキュリティ面をさらに強化&安定

更新プロセスをより安定・安全にし、パスワード生成時の強度チェックが改善されています。WordPressは世界シェア52%を誇るCMSソフト。そのためサイバー攻撃の対象になりやすいデメリットがあるので、今すぐできるセキュリティ対策の一つとしてパスワード強化は必須!

より強力なパスワードの生成
パスワードはサイトの最初の防御線です。複雑で長く一意的なものにすることが最善です。そこで WordPress 3.7 のパスワードメーターは、たとえば日付、名前、キーボード配列(123456789)、さらにポップカルチャー関連などの、パスワードを弱くするありがちな間違いを検出するよう、新しくなりました。

WordPress 3.7の主な新機能まとめ

  • 自動アップデート
    メンテナンス&セキュリティリリースをバックグラウンドで更新。
    ナイトリービルドを使っている開発者のための毎日の更新。
  • より強力なパスワードの生成
    新しいパスワードメーターで、ユーザーにより強力なパスワードを選ぶよう促すことが可能に。
  • 検索結果の改善
    より関連性のある検索結果となるよう改善。
  • 言語対応の改善
    ローカライズ版がさらにすばやく完全な翻訳を更新できるように。
    翻訳ファイルの更新を含むバックグラウンド更新。
  • 開発者向けの変更
  • マルチサイト関連の改善

詳細:Version 3.7 – WordPress Codex 日本語版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です