W3 Total Cacheの導入を試してみた

Quick Cacheが有料化となりページキャッシュプラグインを放浪中。WPキャッシュプラグイン備忘録に書いておいた「Hyper Cache」を当ブログに再度導入してみましたが、やはりコレはナシ。

画像もそんな多用していないにも関わらず、「GTmetrix*」で表示速度をチェックした結果「C、D」の結果。体感速度もちょっと早くなっただけかな~という残念な感じでした。

サイトの読込み速度を測定できるサイト「GTmetrix
評価数値は、A[最高]、B、C、D、E、F…の段階で評価され、%の値が高いほど、表示速度がよいサイトとなる。

  • 『Page Speed Grade』はGoogleによるページ読込み速度の指標
  • 『YSlow Grade』はYahooによるページ読込み速度の指標。

目指すはオールA!

W3 Total Cacheで表示速度が改善

次に、気になっていたW3 Total Cacheを試してみましたら、おお!確かに表示が早くなりました。Firefox、IE、Chromeのブラウザで確認しましたが体感速度はかなりいい感じ。

TOPページはB、Bでしたが、記事ページだとA台に突入。まぁ画像とかあまり使っていないっていうのもありますが。

ただ最新のW3 Total Cacheに対応した日本語化ファイルが見つからなかったので設定ページでちょっと手こずりました。

W3 Total Cacheの主な機能

  • データベースキャッシュ
  • オブジェクトキャッシュ
  • ページキャッシュ
  •  miffy(CSS、HTML、JSファイルの圧縮)

ユーザーエージェント指定でKtaistyleとの併用も可能(動作チェック未検証)

miffyをONにするとデザインが崩れる

CDNなどの機能以外はほぼONにして設定したところデザインが総崩れ!ソースをみたら一応キャッシュは動作しているぽいので 「miffy」が影響しているのか?と思いmiffyをOFFにして、最キャッシュすると正常にページが表示されました。

miffyは、HTMLやCSS、JSファイルの改行や余白などをつめて圧縮してくれる機能。レスポンシブ系はジェイクエリーを多用するんでONにしたかったものの…まぁとりあえずこれでOK。

そのほかの問題について

■サーバーによっては相性が悪い?
W3 Total Cacheって実はヤバイのかも知れない

■削除した際、自動で消えないファイルがある
W3 Total Cache の削除には要注意

wp-contents/
・advance-cache.php
・db.php
・object-cache.php
・w3-total-cache-config-preview.php

うーん…とくに、「俺のメモ」さんサイトを見るとW3 Total Cache大丈夫か?と不安になりますが、記事は2013年1月の約1年前の古いエントリーだしバージョンも古いものなのでなんともいえない。

プラグインの削除時のエラーについては、追加されたファイルを手動削除すればよいので、それほど大きな問題ではないと思う。

W3 Total Cacheは、一つでデータベース、オブジェクト、ページをキャッシュしてくれるのでプラグインも減り、個人的にはとても快適です。

■3/4追記
私はエックスサーバーを使用していますが、当ブログにW3 Total Cacheを導入後、1ヶ月近く経過したが今のところ何の問題もない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です