レスポンシブウェブを学習してみる

運営しているサイトで最近売上げが落ち気味。
アクセス数は以前とあまり変わらないのに…なぜ?サイトコンテンツ自体に問題があるかもしれないけど、気になるのがスマートホンからのアクセス急増。
PC半分、スマホ半分。とくにiphone端末が多い。

docomoがiphone出すということでさらに需要が増えるでしょう…もう一般ユーザーはPCよりスマホ派が多くなるんでは!?ということで遅いけどスマホ用のサイトコーディングを勉強ことにしました。

で、頭をフル回転してマスターしようとしてるのがレスポンシブウェブデザイン。メモることが多くて、忘れてしまいそうなのでこのブログにじゃんじゃんメモしてこうと思います。

レスポンシブウェブってなんじゃらほい

レスポンシブウェブとは、1つのテンプレートでPCをはじめスマートフォン(iphone 、Android)やipadなどのタブレットなどさまざまなデバイスに対応するウェブデザインの制作手法です。

Multi Device

サイト構造によっては向き不向きがあるようですが・・・

  • これ以上テンプレートを増やしたくない
  • 元々シンプルな構造のサイト

な場合はもうレスポンシブウェブにしてしまったほうがいいと思います。

WordPressなど記事投稿内容はシンプルにする

サイトはほとんどWordpressで構築しているのですが、記事投稿で画像+文字+CSSやTableで複雑にデザインを組んじゃってるページは崩れるはず・・・。まぁでも長い目で見れば今修正しておけば、後々の運営が楽になることでしょう。

  • 記事投稿はとにかくシンプルに
  • PCで見るよりスマホで見たときを意識して投稿する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です