mod_pagespeed設定でWEBサイト高速化

当サイトのレンタルサーバーはエックスサーバーを使用しているんですが、mod_pagespeedが設定できるよとのメール案内があったので早速試してみました。

まずは、このサイトに設定…
なにか変な影響あるかな~・・・とドキドキでしたが、何の問題もなく動作♪体感速度は、かなり早くなった気がッ

GTmetrixで計測してみると・・・

pagespeed1

トップページがA台に突入…!

※エックスサーバーは、「サーバーパネル」→「HOMEPAGE」メニューにある「mod_pagespeed設定」へ移動し、「ON」に変更するだけ。
詳しくはコチラ→エックスサーバーマニュアル

さらにもう一つ、画像が多くて重いサイトにもmod_pagespeedを設定。

pagespeed2

キャッシュ系プラグインなどいろいろ入れても、F~C台から改善できなかったトップページが・・・

ナント、B台!YSlowではA台!

今までの、プラグイン試行錯誤はなんだったんだ…(笑

mod_pagespeed設定とは

Google社により開発された拡張モジュール「mod_pagespeed」を使用して、Webサイトの表示速度を向上させる機能です。
「mod_pagespeed設定」を有効にすると、ファイルを圧縮してデーター転送量を削減する、同種のファイルを一まとめにして無駄な通信を削減するなどの最適化処理を実施します。
-エックスサーバーマニュアルより

画像やCSS、Javascript、キャッシュなどファイルをまとめて圧縮、リクエストを削減してくれるってわけです。

画像やCSS、JSが圧縮される

ちなみにmod_pagespeed導入後は、画像やCSSやJSファイルなどのURLが変わっています。(ウェブブラウザのソースでチェック)

[導入前]http://XXX~/450x300xandroid_browser.jpg
↓
[導入後]
http://XXX~/450x300xandroid_browser.jpg.pagespeed.ic.QxdmDfef0f.jpg

実際に計測してみるとmod_pagespeed導入後は、ロード時間やトータルサイズが全て減って軽量化されていました。

ただし低スペックなサーバーは要注意!

mod_pagespeedは、CPUに負荷がかかるらしいのでサーバーのスペックが低い場合や、アクセスが非常に高いサイトへの導入は注意が必要です。

とりあえず、今回は2サイトに設定で様子見!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です