WindowsXPから7にアップグレード↑

さようならXP、こんにちは7。

はじめてWindowsOSの新規カスタムに挑戦したのでちょっとドキドキしましたが、案外スムーズにできました。

■アップグレードに使用したOSソフト
windows7 Professional 通常版
通常版のデイスクは32bit版と64bit版が入っているので、現在使用しているWindowsのスペックにあわせてどちらかをインストールできる。

アップグレード前にしておくこと

Windows 7 Upgrade Advisorとデータのバックアップ、必要ならWindows 転送ツールを使用して、古いOSから新しいOS(Windows 7)にデータを移行するための準備をしておきましょう。

Windows 7 Upgrade Advisorでチェック

現在使用しているシステムを自分で調べておくことも大事ですが、マイクロソフト公式サイトからWindows 7 Upgrade Advisor(無料)をダウンロードして7にアップグレードできるか念入りにチェックすることをお勧めします。既存の周辺機器を全て繋いだ状態でチェックしましょう。

こんなレポートを出力することができます↓

レポート
Windows7へのアップグレードアドバイスレポート

Realtek PCIeなんちゃんらというのが警告されていましたが、これはLANカード関係のドライバーらしい。ネットはケーブルでつなげているし、ほかの?部分は使用していないEPSONやオーディオのドライバーなど・・・それほど重大な問題はなかったので、レポートだけ外部ハードディスクに保存してチェックは終了。

古い製品(周辺機器)などは使えなくなる場合も

7にアップグレード後、外部スピーカーから音が鳴らなくなったのですが、差込み部分を変えて再起動すると音が鳴りました。認識部分が変わる?ようです。しかし、一部の古い製品はWindows 7への対応を行わない周辺機器メーカーもあるようなので要注意。(7に対応するドライバーの提供を行わないなど)

Upgrade Advisorレポートで状態が「不明」となっている周辺機器は、製品番号などをメーカーサイトで調べてWindows 7に対応するドライバーがあるかチェックしてみましょう。
もしなければ…買い替えしなければならないかも。

使用するデータファイルは必ずバックアップをとる

新規カスタムすると以前のデータは全部なくなるので、必要なデータファイルはバックアップが基本です。私は外部ハードディスクとUSBフラッシュメモリに二つバックアップをとりました。

メールなどの再設定を自動でしたい場合は、Windows 転送ツールでバックアップをとっておく必要があります。

アップグレードは1時間ぐらいで無事完了。
そのあとのMicrosoft Windows Updateが100個以上あって、そっちに時間がかかったけど(笑。動きもXPの時より軽く感じます♪

Adobeソフトの古いバージョンも一応動作する

  • Illustrator 10
  • PhotoShop7
  • DreamWeaver CS3
  • Flash CS3

Adobe関連のソフトは予算がなくて今は買えません!
なんで、公式にはWin7での動作保障はされていない古いバージョンのものを(ぐぐったら動作はするようなので)インストールしました。

確かに動作はするけど、CSではないイラレとフォトショがちょっと心配。作業中にフリーズしたり落ちてしまいそうな・・・しばらく様子をみてCSかCCに切り替えですかね@

OEM版の購入で5千円ドブに。。

実は正規のWin7通常版OSを購入する前に、楽天のとあるショップでOEM版というのを購入して失敗しました。

だってすごく安かったんですもの!
通常版は3万円ぐらい、OEM・DPS版なら一番安くて5千円前後で購入できるんです。

「安さ」と「認証保障」という通販サイトのうたい文句に惹かれて、OEM版を購入しちゃったわけですが・・・これが笑えるぐらいまったく使えなかった!

OSのDVDをセットし、インストール開始しても動作が進まずエラーが発生し終了。PCのDVDが悪いのだろうか?と思い、ほかのDVDを再生させると普通に再生される。
妙な音も鳴るしもしかして…っと思ってOSのDVDをみたら汚れが付着していて、ふいても取れない。

あぁ~・・・失敗。

返品して返金を求めるにも面倒だし、自業自得なとこもあるし(笑
もう5千円をドブに捨たと思って、正規通常版OSをアマゾンで購入しなおしました。

後でネットで調べて知りましたが、ライセンス的にOEM・DPS版は違法なんですね・・・
でも巷に大量に出回っているから大丈夫なものだと思ってました(^^;)
ちゃんとアップグレードできた人もいるようですが、後々のことを考えるとやっぱり正規の通常版をGETしておいて良かったと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です