gooのpingエラーを回避

WordPressでのPing送信にはプラグイン「smart-update-pinger」を使用しています。

■プラグインは下記サイトよりダウンロード
Smart update pinger
「日本語化版」をクリックしてダウンロード
※Winの場合右クリック→”名前を付けてリンク先を保存”

が、なぜかいつもgooで送信エラーになっていて…
調べると「smart-update-pinger.php」のuseragent部分を変更するといいそうです。

↓変える箇所

$client->useragent .= ' -- WordPress/'.$wp_version;

wordpressの部分をabc(好みの半角英数字)に変更して再UP。ブログ名とかお勧め

$client->useragent .= ' -- abc/'.$wp_version;

変更後に何かしら記事を投稿。管理画面で「設定」→「smart-update-pinger」にてPing送信状態を確認すると

09/18/13 10:27:07 - http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC への ping 送信が成功しました

送信成功!!

にしてもgooはWordpressを意図的に拒否してるのでしょうか(^^;)

WP Super Cache削除後のエラーと復旧

キャッシュ系プラグインで冷や汗がでるエラーが起きたのでメモッておきます。

問題になったのはwordpressのキャッシュプラグイン「WP Super Cache」。
これ、なにやらよろしくないということで、別のプラグインに切り替えた後、いらないから一覧から削除しよ~って削除しましたら…ん?削除されていない?固まった状態になりブラウザで画面を移動すると…

「wp-config.php」の内容がむき出しに表示されてるではありませんか!

wp-config.phpは、パスワードとか重要な情報が記載されてるのに…なによコレェ。
というかこれがよろしくないことだったんですね…

もうどのページも管理画面へ行ってもwp-configが醸し出されている。
うひゃーッ!となって復旧方法をぐぐってみたら、「データベースをダウンロードしてwordpressを再インストール」とありました。まじですか。。。

続きを読む WP Super Cache削除後のエラーと復旧

コピーライト

WordPressでfooter.phpなどに書くコピーライト(著作権表記)のPHPコピペです

Copyright(c) 2013 <a href="<?php bloginfo('url'); ?>" title="<?php bloginfo('name'); ?>"><?php bloginfo('name'); ?></a> All Rights Reserved.

2012-2013(今の年)
のように今の年を自動表記させる場合は以下

Copyright(c) 2012-<?php echo date('Y');?> <a href="<?php bloginfo('url'); ?>" title="<?php bloginfo('name'); ?>"><?php bloginfo('name'); ?></a> All Rights Reserved.